ニート向上委員会(仮)

NTJさんが日頃行われる競馬を5着くらいの目標で予想など、好きなことを書き込んでいきます。

日曜の感想。

久々の更新ですね。

中身の浅いブログでも書いていこうと思います。

札幌市内では先週に雪祭りが終わりもうすぐ春がくるような気配もなきにしろ。

時間は経つのがはやいですね。

とりあえず除雪はだるい。

はやく暖かくなってくれればいいですね。

今年初のG1が終わりましたね。

感想はゴールドドリームさんの短縮で足りたなと言うお話。

1周回るよりも半周のこの馬場の方がいいなって。

2年連続G1ではデムーロさんの幕開けって来年もありそうですね。

昨年の単勝は510円。今年は500円。来年は490円も。

2度あることは3度ある。

と言えば

ベストウォーリアさんの2着。

2度じゃなくて5度だったね。

年齢も年齢だけどもJBC勝てるといいですね。

早いですが大井でお待ちしております。

カフジテイクさんは代打でよくあそこまで伸びてきましたね。

ドバイでは福永さんでしょうね。

普通に国内でもいい希ガスだけどもあの末脚は凄い。

ぱっと見なら地方の下級条件にいそうな血統に見えて大変申し訳なさ感じる。

エイシンバッケン選手が非情にも4で...

でも去年の札幌記念終わったあとの検量室前でダービーフィズの上で笑顔で笑っていた岩田とは違うと思う。

本当に今年は違う。

マキシマムドパリから始まって京都記念スマートレイアーの2着とか京都牝馬Sレッツゴードンキなど

流石に軽視は出来ないよね。

ここからずっとキープできれば良いけども去年は5.6月くらいから降下していったからね。

昔に御世話になったし今年はどこかG1は取って欲しいかな。

5、6着のおうまさんはしばらく放牧でしょうね。

特にケイティは地方どさ回りの賞金稼ぎなのが丸見え。

普通に次戦の鞍上が武さんじゃないのも見えそう。

ノンコノユメは去勢するのは成功かもしれない。

気性が耐えられないからするのは致し方ない。

ただ、鞍上は外国人じゃなくて日本人がよいのではないのかなと。

日本人と外国人で追い方とか中身が違うし。

またあの剛脚が戻ってくれればなと思っている。

フェブラリーSの回顧はこんな感じかな。

他に意見感想があればTwitterのリプライにて。

あと小倉大賞典か。

逃げるは武士沢役に立つ。

そのままである。

正直馬場をそこまで考えられなかったのが敗因。

1枠2枠がここ数年来ていたのに最先着が5着って言うのが裏切られた点。

データって100%ではないですよね。

記録は破るためにあるのだからね。

淀のメインは完全に陣営のミスでしょ。

レッドアヴァンセさん。

京都牝馬Sに出られなかったから再投票でこっちに回ってきて55㌔で出たのは良いけども鞍上は他にもいなかったのか。と言うお話。

屋根の佐藤友則さんの批判意見が多いけども確かに道中に4コーナーで最後方にワープとか言っているけども当てられているのでは。決して100点中大方良い騎乗であるとは思わない。

あれは30点くらいでしょうな。

少なくとも何もない状態であの位置のままで最内から回ってきたら30点以下でしょ。

馬場が良くはないのに。

感想として彼の本場はダートなのでは?

確かに時々JRAに乗りに来ているけども芝の方が経験は少ないのだから。

って個人的に思いました。

これは明らかに陣営のミス。

騎手は下手くそではない。

もっと下手なのはいる。

一か八かで減量騎手でも乗せていたら良かったのでは。

以上久々に更新をした中身のうっぺらいブログでした。

また近々更新していければいいですね。