ニート向上委員会(仮)

このブログは、むしょくレーシング(株)の提供でお送り致します。

4/20土曜の気になる馬

色々と厳しいのでtwiはおやすみに、気が向いたら出直します。
もう少しゆっくりとやっていきます。
自分と向き合う時間がもっと増えないとダメだと分かったんですよね、twiで多くの意見を見たり述べたりしてもいいんです。でも必要なことは、自分と向き合うことが足りないということだと分かったのでこうなりました。
馬券 いや私生活と同じですよね、自分の買った馬券を調査していくこと。
私生活だって自己分析が必要になってくるじゃないですか。
馬券で勝っている人ってそれが出来ているのだと思います。
だからトラックマンとかって「当てて的中できてそれが普通(cv:ブックの高倉さん)」とおっしゃっていたので本当によく分析なさっているのだなと個人的に思います。だから自分自身の分析すら出来ていない人に馬の分析なんて無理ですよねと。
それで、このブログをどう今まで見ていただいた方々に伝えていくのかと考えたときにやはりソーシャルメディアというものは必要になってくる。
別に前から書いているようにsnsが疲れたからって消す事は無いと思いますが1つの物事に集中したかったので。
鍵垢や公共の場で文句言われているのだろうと思っていますが、それでしか言えない書けない囲えないのはとても恥ずかしい事。
鍵垢でやって悪口や嫌みは盛り上がるのかも知れないが、何か1つの趣味(ex:野球とかサッカーとかアイドル)といったものは盛り上がるのか?
何とは言いませんが、公式のTwitter
「ツイートは鍵垢でしなさい」「Twitterで自身の所属は明かさないこと」
といった案件が競馬村だけでは無くそれ以外にも多く広まっただろう。
ほんっと、あの村社会は古いしきたりだよね。現代と大きく後れを取っているよ
あたし的に、競馬界って割と騎手とか厩務員さんといった関係者や牧場スタッフさんって「○○で働きます」って呟くのはよく見ますし予想されている方々も○○っていう企業名で働いているのだなと分かるようなことをしてるじゃないですか。自分達の生活に例えると「○○学校入学した」とか呟いたり、ソーシャルメディアのプロフィールになんとなく学校名を書いている人も多からずいると思います。
別に自分の仕事先をソーシャルメディアに晒す晒さないは自由。でもあそこまでする必要はあったのか?
Twitterの意味って「鳥のさえずり」が由来なんですよね、だから名前次第では匿名になるしもしかすると個人と分かる事だって出来る。
あたしはね、公式Twitterのせいで未来が失うことになったのならそれはとても悲しいことだと思うの。
なんの為の公式Twitterなのか、少なくとも某所の中の担当者は考えるべきだっただろう。
ちなみにだが、地方の職員は公務員ではないのでそこ間違えるなよ。
暴力団だとかクソみたいな記事を書いているのもあったが、流石にふざけすぎ。


過去走歴の延長では未来は見えてこないことがある。馬が変わったというポイントを押さえておかないと間違うことになる。
www.youtube.com
(この馬は先日のダービー卿CTを勝った馬ですよ。)


マイラーズCの追い切りを見ていたのですが、ダノンプレミアムの追い切りに馬運車を待つシャケトラが映る悲しい場面がありました。ダノンプレミアムは気にせずに追い切りを消化していてなんだこの馬はとなりました。
感情的には複雑なのだけど、今を生きている馬たちを少しでも応援してあげるのが我々のすべきことなのであると思う。

あとは最近不調なMデムーロ騎手、関西にこだわる必要はないと思います。
エージェントを変えても結局は机Jのセカンドドライバーなのだからいっそのこと関東の有望エージェントでも雇って1ヶ月でも留学でもすれば良いと思うの。
だって関東の中堅ベテランって「内田、勝春、ヨシトミ、蛯名、ノリ」とか。各方々色々な考え方もありますしそれが普段の乗鞍ですとか馬の集まり方もありますよね。中堅で稼いでいる「柴山、吉田隼」はローカル専門へシフト。
田辺Jや戸崎Jでしっくり来ず三浦Jや野中Jや武藤Jに依頼が多くなっているのがここ数週間の雰囲気(ふいんき じゃなくて ふんいきね)。
北村宏Jが現在怪我で数ヶ月以上待つことを考えると、3場開催の今こそ尚更チャンスのはずですが。

色々考えたけども、金鯱賞週のブックさんの週報でデムーロJの元エージェントが「出会いと別れの時期」について触れていたのでもしかするとそれが意味深だったのかもしれない。


土曜は京都芝の長さどんなセッティングなのかを確かめること。去年は長かった。
東京芝も暮れから2月のような事を引きずっていないか。

東京4
6マキ
5ドンヒューズ

ヘニーヒューズ産駒は内枠だと逃げるかじゃないと。特徴は馬群を捌けない性格がある。
マキの2走前は3.4.9(8着馬は地方交流でですが)と4頭は勝ち上がり。府中ダートって一時期エンパイアメーカーの時期ありませんでしたっけ?
まだその言葉が残せているのなら。
ドンヒューズも2前の勝ち馬は3歳500万で勝っているしそれの0.2秒と考えれば強いと思うが。
馬連馬単両面、3連単1.2着固定でも。


京都1
12ルプレジー
1.5.7.16

リープリングスター戦は新馬戦にしては上位4頭が好時計。勝ち馬はその後3歳500万を勝ち上がっている。
モレーラJ特有のコーナーで加速しながら直線に向かう競馬も4Cで膨らんでしまったのは痛手だった。
4頭以外からも6着馬は勝ち上がり、7.11着馬は馬券内に、10着馬は中央で馬券内になり馬主の関係で地方に移籍することになったが地方3歳重賞を勝ち上がるなどしている。
前々走は岩田Jrのデビュー初戦で前半3Fが早くなり後半3Fが掛るレースに。それでも4着ですし一呼吸置いた今そして平坦ならもっとやれる。
岩田父→岩田Jrで1勝できるならその逆もありだろう。

京都10
3アドマイヤキズナ
いくら骨折だろうが長欠明けのNF各位は買い。
過去にはロードヴァンドールやステイインシアトルなどタイム差無しなどある。


福島3
2スマートフルーレ
12モーンストルム

スマートフルーレの前走は4C前から手前が逆で勝ち馬と接触したのにお咎め無しだったレース。
それでも3着以下に大差をつけたので普通に回ってくれば。
モーンストルムは小回りD17に適性が高そう。今までマークや逃げから先行に脚質を変えてきたが馬がイヤイヤしたりとか、止まることを考えるのなら喉とかですかね、考えすぎは用心も。
あとは前述の通り、2着馬である。

福島牝馬S
5デンコウアンジュ
9ミッシングリンク
10ダノングレース
ワイドbox


まぁ、こんなもんでしょう。無職なりにはやってます。