ニート向上委員会(仮)

このブログは、むしょくレーシング(株)の提供でお送り致します。

伝わらないもどかしさが イヤね

おはようございます!
都内のキャバの値段を見ていたら、やっぱり物価が違えばそうなりますよねとすすきのと比較してしまう。

大阪杯は雨上がりの荒れた馬場、思い出せば3/3大阪城Sの時から雨上がりの馬場ってこうですよと、いや昨年末の阪神開催くらいから傾向が見えていたのだと思う。
デムーロJはよく馬場が~のレース後コメントが多いと思うし、それ以外の感想がまずいものなのかと思う。
まぁ某コラムの中身も薄っぺらいので仕方ないのかも知れないが。

アルアインのしている競馬は宝塚記念のミッキーロケットの再放映と言っても良い、それくらい枠順馬番ゲーだったんだなと、いや改めて競馬ってシンプルだなと。B社のメモにも「内枠を生かし最高の立ち回り」と両レース書いている。宮記念だって枠順が関わってくるレースでしたが今回もそうだったし書きました。だけどもね...
ペルシアンナイト、ステルヴィオ、サングレーザーを買っていた理由は持続力が問われるラップになるのではないかと考えたから。でも実際は違った。戸崎Jがゆるーいペースで逃げて、川田Jは番手でレースをしている。仮に時計が掛る馬場でも無視してどちらかが飛ばせば持続向きになったの"かも”しれないが、川田Jは秋華賞秋天ジャパンカップルメールJに追いかけまわされ続けたのだし、目の上のたんこぶがいないのなら自分を殺す競馬をする必要は無かった、むしろ気性面が改善されて日経賞ルメールJが離した手綱を今ではぐっと我慢されて矯正されている点から番手で落ち着いて競馬が出来たのだろう。
当然ながら某番組のタイムランクもEとそうですよねと。


話を切り替えて桜花賞に。
どれくらい芝刈りをしてくるのか不明だが高速馬場になることは少ないと考える。
ただ、ルメールJや特にデムーロJなどが馬場が緩いとコメントもあり答えは土曜日曜にならないと不明だろう。


枠番馬番がまたしてものレース、13年以降の馬番別成績
1~5番[0-1-1-26](複勝率7.1%)←昨年1枠1番1人気のラッキーライラックは2着、15年8人気コンテッサトゥーレ3着
6~14番[5-5-5-39](複勝率27.8%)
15~18番[1-0-0-23](複勝率4.2%)←昨年の7枠13番ああもんどあい
内すぎず外枠すぎない程度が宜しい。


1着勝ち馬だけでデータに。
改修工事を終えた2007年から、過去12年の成績を見ると前走阪神or京都の馬でないと勝てていない。
f:id:ntj777:20190404220232p:plain
さらに、上がりに関しては前走1位の馬が5頭勝ち上がってる。前走までの上がり1位がほとんどの馬なんですよね。

f:id:ntj777:20190404220715p:plain
前走の上がり3位だった3頭は牡相手混合重賞でに1.2着がある馬。
ダイワスカーレットは中京2歳S1着にシンザン記念2着、ジェンティルドンナシンザン記念1着、レーヌミノルは小倉2歳S1着と京王杯2歳S2着

前走上がり4位だったのが08年レジネッタだけ。
京都500万T16で上がり33.7秒の1着→阪神JF6着→エルフィンS3着上がり3位→チューリップ賞3着上がり4位→桜花賞1着
ちょっとこの年は荒れすぎだけどね。

前走の上がり6位~に含んでいる3頭の共通点は府中マイルで上がり33秒を使っている点。
アパパネ赤松賞1着上がり33.6秒、アユサンはアルテミスS2着上がり33.5秒、レッツゴードンキはアルテミスS2着上がり33.6秒。

(ちなみに府中マイルだけで上がり33秒該当:1番シェーングランツのアルテミスS33.8秒、4クロノジェネシスのクイーンC33.1秒、5ルガールカルムのベゴニア賞33.6秒、8グランアレグリア新馬33.5秒、9アクアミラビリス新馬33.2秒、14ビーチサンバのクイーンC32.9秒、15ダノンファンタジー新馬33.7秒)

f:id:ntj777:20190404222032p:plain
前走4着までがココを勝てるチャンスがあり、あとは皆さんが決めるオッズ次第。


次からは勝ち馬だけではなく全体に目を移そう。
ルメールJは過去4回乗って3回が馬券内1回はメジャーエンブレム4着のみ。あとはアンカツさんが数勝しているくらいで...
騎手や調教師成績が関西>関東所属になるのは先週と一緒。

分類 着別度数 勝率 連対率 複勝
美浦 1-4-1-63/ 69 1.4% 7.2% 8.7%
栗東 10-8-10-112/140 7.1% 12.9% 20.0%
外国 1-0-1-2/4   25.0% 25.0% 50.0% ←過去にCデムーロJ1着など。

美浦 3-2-5-70/ 80 3.8% 6.3% 12.5% ←18年関東馬の勝利は13年アユサン以来。
栗東 9-10-7-106/132 6.8% 14.4% 19.7%


前走馬体重で見ると、420~439㌔までの勝利が08年レジネッタであとは15年シンハライト2着17年リスグラシュー2着、ちなみに昨年ならマウレア5着。それ以下の馬体重は切っても良いと思うが。
f:id:ntj777:20190405000041p:plain

あとキャリアは多くなりすぎるとよくないです。
f:id:ntj777:20190405001308p:plain


肝心な話題ね
ダノンファンタジーが1人気ですが危険馬と言っている理由。
1つめ。
f:id:ntj777:20190405003954p:plain
桜花賞の1人気は3-3-1-5/計12回で連対率50%で複勝率58.3%あるが、前走良馬場で上がり3F1位なら[2-2-0-1/計5回]で着外1回は 距離を短縮して使ったルージュバック9着のみであとはマイルからっていうかチューリップ賞組ですか。

前走良馬場で上がり1位でない場合、[0-0-1-4/計5回]と17年ソウルスターリングの[単勝1.4]3着が最高。
前走良馬場のチューリップ賞1着で15番ダノンファンタジーの上がり3Fは3位。
一応前走良馬場の朝日杯FS3着の8番グランアレグリアも1人気候補ですが、前走の上がり3Fは8位と載っている。
f:id:ntj777:20190405010228p:plain
2人気の成績も載せておきますが、大体が枠が外目...

2つめ
12月の2歳G1を勝った父ディープ産駒は翌年に不信に陥ることが多いと結果を分析するコーナーで放映していた。
ジョワドヴィーヴル | 競走馬データ - netkeiba.com
ショウナンアデラ | 競走馬データ - netkeiba.com
ダノンプラチナ | 競走馬データ - netkeiba.com
サトノアレス | 競走馬データ - netkeiba.com
ダノンプレミアム | 競走馬データ - netkeiba.com
ダノンファンタジー | 競走馬データ - netkeiba.com

加えるなら
ハートレー | 競走馬データ - netkeiba.com
シャイニングレイ | 競走馬データ - netkeiba.com
アダムスピーク | 競走馬データ - netkeiba.com
ダノンバラード | 競走馬データ - netkeiba.com

次走成績
f:id:ntj777:20190405012438p:plain
f:id:ntj777:20190405012515p:plain

ダノンプレミアムだって脚元の良化で時間が掛ったのだし、父ディープで12月重賞を勝った馬の翌年春は悲惨なことに...のデータを残しておきます。
以上2点がダノンファンタジーの危険な理由でした。



まとめです。
大前提に前走4着までの馬を狙う事、府中マイルの特に重賞で上がり33秒の馬。
1人気は上がり3Fが1位なら買えるよ!でも上がり3Fが1位じゃないのは疑え。
データ分析:桜花賞 今週の注目レース JRA
JRAのサイトの最後3つは昨年も見た気もしますが、流石にそのまま使うはまずいのでそちらを見て下さいなと。

今日のブログは内容スカスカ。申し訳ない。

つかったもの:たーげっとふぉーじぇえう゛い


〈レースが終わってからの追記でありますが〉
チューリップ賞上がり最速馬で桜花賞に出走したパターンで過去10年の成績は[3-2-0-3]
前走クイーンカップ組の成績は過去10年[0-2-0-15]