ニート向上委員会(仮)

このブログは、むしょくレーシング(株)の提供でお送り致します。

1/5土曜日の気になる馬

改めまして新年あけましておめでとうございます。
昨年中は関係者の皆様につきましては大変お世話になり、ありがとうございました。
また今年も私のブログ「ニート向上委員会」を閲覧頂きましてありがたく存じます。
有益な情報を皆さんに提供出来るのか不安しかありませんか、今年も自分の載せた予想には今まで以上に責任を背負っていきます。
負けたらならどうして負けたのか、何故勝てたのかまで考えなければなりません。
私も精一杯努力する所存ですので、本年も相変わらずご愛顧の程お願い申し上げます。


っていう挨拶をですよ、会社に入社した際にはメールなどで送信しなければならないのはとても面倒。
よって今年も無職。就労意欲が尚更失せました。


前のブログに書くのを忘れていましたが、今の時代は新馬戦や未勝利、特に重賞レースなんては「外厩で儲ける」ことがキーワードになっている。
重賞なんて実はもっと前から外厩なんて要素はあったんですよね。それが放牧から外厩っていう文字列に変化しただけで。
週刊競馬ブックさんの関係者のコメントに書いてありますよね
「前走後はリフレッシュのため北海道のノーザンファームに放牧へ出しました」
などとむかしっから(昔と言ってもあれですけど)書いていますよね。

それが今になって全馬へと情報が広がっていったので全盛期になっている。
天栄としがらき買えばOKなんて小学生でも出来ることが、長く続くのか心配している。
売れているのは天栄としがらき。それが専門紙に前走後は天栄に~とか書かれたり載ったりしたらもっと妙味は減りますよ。TMや記者までがそうなってしまうと非常にまずいので(別にまずい事では無いですが)、我々は次の要素を探していかねばならないのでしょうか。
とりあえず現段階で言えるのは、別に天栄としがらきじゃなくても勝てるよっていう事。
今年のけぇばとかその他諸々は前回のブログ書いた通り、任務遂行に向けてって感じ。


今年もエージェントが発表されて色々と変更されていますけど、競馬学校って営業に接客とかそういった社会に出て役に立つことは教えないんですかね?
自分の身に危険が生じたときに、助けてくれるのは親だったり第三者かもしれない。
でも最後はやっぱり自分なんですよね。
f:id:ntj777:20190104115809p:plain
f:id:ntj777:20190104115902p:plain
f:id:ntj777:20190104115920p:plain


中山Dは防止剤は1週前に入りましたけど特に変わらずでしょうね。ちょっと川崎みたいな馬場。時計はそこまでかからないと思うが。
寒すぎて日曜日に防止剤とか入れないで欲しい。
京都Dはインが良さそうな雰囲気だけどねー。
如何せん短期免許の外国人騎手をすぐ輸入しがちなJRAことメンヘラガバマンなおにゃのこみたいな感じなんで。


中山8 2勝馬クラス
◎1サクレディーヴァ
○3ジャスパープリンス
ちょっとこのオッズは聞いていませんねぇ。
イン3で競馬出来るのがサクレレディーヴァ、逃げれるのがジャスパープリンス。
これが今の中山に最適だろう。
オーヴァルエースの上がえびらしいのはなんともあれですね。はい。

中山9 招福S 3勝馬クラス
2ディアコンチェルト
前走は雨が降っており、そこからは1~3枠じゃないと勝ち負けすらなれない話のならん超絶高速馬場のダイナマイトBOATRACE淀だったので参考外。
松風馬事センターから2走目で1周ダートを使った場合、古い順番に1、1、3、1と陣営もやっと1周を使ってきている。
今の中山は多少時計が早いけど、2前の重馬場で勝っているし、今の中山ダートに必要な内ラチが取れるのは大いなるメリット。
最低でも3列目を希望で。


京都1
14エピローグ
ダート替えですが、トモの形からして(札幌時で比較)ダートもOKだろう。
芝ではそこまでキレなかったので、あとは砂を被り頭を上げてレースになりませぇんって感じに注意や。

京都3
7メイショウカササギ
2走前は砂を被ってジャンプばかりで競馬にならず終了。
前走は1列目に行くも、早い馬にポジショニングを取られ砂を被って頭を上げていましたが2走前よりかマシ。
砂の被りが少ない外に出して再加速をしたので、最初のスタートが芝で少しでも砂を被らない、砂を被っても終いの脚はあるので直線が平坦な方が良いのではないだろうか。


京都11レース 京都金盃
逃げは勝春マイスタイルと下りでどんどんスピードが上がっていきそうなスマートオーディン
勝春の場合は、近3走で残り800くらいから自動的にペースを上げて苦しめて行くドMな馬。
次走は小倉らしいが、半周の短縮で敏感な馬でも力まずにいけるのかと考えると、調教でも力んで見えるし、前走がそれなりに仕上げてきたらしいので怪しい。そして下りでスマートオーディンが来そうな予感がすると...
そんなスマートオーディンは前走3Cくらいから抑えきれずに捲って先頭、最後の直線は前脚が叩く走りなんでとても非効率に。カツジが来るためには逃がしてやってくれって感じかな。
パクスアメリカーナはトライアビットからクロス鼻革へと口向きが悪いのか、ささるかで不安が残る。もしかしたらラチが必要なのかも知れない。

カツジはある程度流れる事が予想させるので、インから詰らなければって感じですかね。
前走大外から今回内枠ですし、後は道中でペースが緩まないこと、スマートが下りで前に競らせること、勝春スタイルが力んで走って自動的にペースが上がることが必要。
グァンチャーレはこのコースが得意、勢いもあるしシンプルに買っても良いでしょう。
リライアブルエースはNFしがらき帰り初戦は2-1-2-1で着外の1回はNGTの芝18の遠征競馬だけでした。
坂井J×矢作せんせの昨年度成績は28回走って[8-3-3-14/28]複勝率だけでも50%はありましたし、期待も出来るじゃん。
ワイド3頭boxで。


今週のWN5はこちら
f:id:ntj777:20190105014146p:plain

中山金杯はさっぱり分かりませんなぁ。過去のWIN5の傾向を見ても固いのでこれで良いはず。
カーバンクルSはモズスーパーが33秒で逃げるって分かっているなら誰かが競るでしょうし、逃げれなかったら脆い馬。
それに、吉澤WESTからの2走目はどうしても成績が下がってしまうので。


まぁ、こんなもんでしょう。無職なりにはやっています。