ニート向上委員会(仮)

このブログは、むしょくレーシング(株)の提供でお送り致します。

最近の思うこと

ただただ、競馬だけでは無く、世間の出来事とか思っていることをごちゃ混ぜで書いただけです。
日本語が不自由だったり、疲れているので誤字脱字あるかと思いますがそこは御愛敬。
意見等ありましたらリプやDMにて願います。


・ハムの補強
こうみえてハム党です。
ドラフトで甲子園などで沸いた選手を引き抜いたと思ったら、それだけでは終わらずに台湾球界のスター・王柏融の獲得にも成功。
自由契約された金子千尋をスピード獲得する、更にはヤクルトとトレードして戦力の補強など。
ガッフェはどこまで考えているのでしょうかね。


・「責任転嫁」(せきにんてんかと)「責任転換」(せきにんてんかん)
転嫁とは、自分の失敗や罪で起こった事件や事故などの問題に対して自分の失敗を認めずに責任などを他になすりつけることという意味。
転換とは、別のものに変えることの意味を持ち、主に、政策の転換・話題の転換・配置転換といったように傾向・方針などを、違った方向に変えるときに使う。

このブログを見て下さっている人よりも、私は偏差値が最底辺なもんで。間違えて使わないようにしないといけませんね。

責任転嫁をしたがる人の口癖は否定から入りますよね。自分は悪くない、自分が正しい、自分のせいになりたくないから。
「でも」「だって」
それでいいのか人生は。


自分の失敗を認めるからこそ、私のモットーでもある
「数分後、数十分後、数時間後、数日後といつ死んでもいいように、いつ死ぬかわからないからこそ、毎日を後悔無く、後悔しないように生きていく」
これがあるので、こう見えて毎日を必死に生きているつもりです。


責任転嫁 - Google 検索

転嫁しなければならないこともあるのだろうけど、それが口癖になってしまうのは本当にイヤ


・駅の英語表記
札幌駅の改札内に入ると、都内に比べるとまだまだ英語なりの表記や表示に欠けているのでは無いかと思い書きました。
ぼくが外国人ならちょっとわかりにくいすぎると思っているのも要因の1つですかね。
競馬場の発売機ですら英語などの表記が出来るので、もう少し配慮なりしなければならないのではと。


・3連複
日曜日のブログに書きましたが、3連複1点勝負で100えんだけとかで買うなら3連単も買えば良いのだと思います。
3連複1点って事は3頭しか買っていないので、他にも単勝なり複勝なりワイドや馬連馬単、そして配当が大きい3連単と視界が広まるはず。
3連複1点勝負で買うのなら、3連単は6点しか買わずに済みますからね。
それに3連複1点を買うだけ、それを当てるだけで満足する人間では無いので。

あぁ、毎度の如く3連複1点で当たっていれば、それは楽しいでしょうね。


・ネット競馬の調教問題
先週のJF週からネット競馬のアプリ版では中間の追い切りが見れるようになったらしいのですが、基本的にはPCからしかネット競馬を見ない方々は中間の追い切りが見れないのですよね。
私にしたらお金払っているのに不当では無いのかなと感じます。
別に会社側のミスならそれは仕方ないですし、再発防止策を考えれば宜しいのですが。

PC版


アプリ版

あと無料会員だと、PCで見る場合は全頭の近5走の内容が見れるのですが、アプリ版だと上の馬番3頭しか近5走の内容が見れませんからね。
なら普通にアプリをアンインストールして、スマホchromeなどから見ますよねと。
この差ってなんなんですかね。


真面目に競馬をする時はネット競馬の調教評価では無くて、ブックさんを購入させて頂いておりますが、そもそもネット競馬の1番高い有料コースであるスーパープレミアムコースでも全馬の追い切り課程を見ることが出来ないのならメリットは...になるのでは無いでしょうか。

まぁ、ネット競馬さんには私の本名が掲示板に掲載されてしまったのに削除はされませんし、そんなもんですよ。

マジレス、ブックさんの有料会員になった方が良いのでしょうが、流石に月に3KはTARGETにレーシングビュアーなどもあるので考えたくなりますね。


・今年の競馬
別にステップレースはいりませ~ん
ぼくはとりあえず、外厩先と調教内容は見るようにしていますね。
そんなに早い時計を出していないなと思ったらコメントを。

菊を買ったときにルメールJが
「能力があれば、経験はいらない」
今年の競馬はそれが当てはまっているような気がします。
有馬などへ向けては、藤沢和雄ちゃんや戸田刑務所せんせなどのポリトラック追い切りが焦点でしょうね。

シェーングランツは、このまま在厩調整って流れてきたのですが...トホホ


現実社会はね、ルメールJが言っていた「能力があれば、経験はいらない」
では無くて
「経験が欲しいな、能力は無くても」
なの、可笑しいのではないかと思います。
あといくら能力があってもお金は均一が大半ですし、仕事の量も増えてしまうの。
モチベーションの維持が出来るのでしょうか。


sns疲れ
ここで金曜日にあった出来事を完結に書きます。
葉加瀬太郎ではありませんさんとマクドとかいう人間が食べれる商品が置いてあるのか無いのかよくわからない店とか行ってきて別れたに、私の友達に会ったのですが、その友達のバイト先に来るクソビッチなねーちゃんと初めて会ったのに二つ返事で寿司を食べに行っただけのお話です。

LINEを交換したけども、偏差値が低すぎるが故に返信をどうすれば良いのか困りますよね。
よくわかんないんだよね。
そもそもLINEなんて身近な人間としかやり取りはしませんし、むしろTwitterが多い方。
Twitterですら、かなりマシに書くとアホみたいな事しか呟いていませんが、そんな人間が普通にLINEを返せるのかと。
無理ですよね。

そんなTwitter。昔より使いにくくなっているような気がしてなりません。
全てはふぁぼがいいねに変った時からでしょうかね。
イヤなら辞めればいい。簡単なこと。
Twitterの発言なんて自由で勝手に呟いているだけなんですよ。見るか見ないか、フォローするのかしないのか、フォローを外すのか。
フォローをしているのにミュートをしている人の意味が分からない。
ただの形だけのフォロワーですからね。意味が無いですよ。

でも、せっかくここまでいいねを稼いだのなら、もう少しだけしようかなと。
どうせもうすぐ私は死ぬのだから、残りの少ない時間くらい好きにさせてやってください。

それにインスタとかてくとくとか、してはいますが流石に疲れたっすよね。
ひといきつきながら適当に...


・ぼくのブログについて

ブログを書くにあたって個人的に意識していることは3つあるのでここに書いておきます。
遺言として。


1他人の時間を奪っている事を意識する
2有益っぽいことを書く
3これまで書いてきたブログは遺言なりのメモだと思っている。過去のミスを自分で気づかせる、そのためのブログである。


まず、このブログを見てくれると言うことは、少なくとも15秒から60秒は他人の時間を奪っているという訳である。
1日24時間あるが、時間は裏切らない反面、時間にすると24時間、分にすると1440分、秒にすると86400秒あって限られているものである。
その中でも私のブログを見ようかなと態々時間を割いてくれたのだから、その人に対して少しでも有益な情報をあたえられないかということを意識する。
正直、自分のブログが有益か無益なのかは、このブログを見てくれた人の次第だし、人それぞれだから、できるだけ相手の役に立つように意識をしていけば良い。

例えば、おっぱいが見えそうだったり、おしりふりふりするダンスはめちゃくちゃ有益だし笑顔になるし、15秒とは言わずに何時間でも奪って下さいってなる。
それが大切。


記事を出す以上はいろんな考えを出せるように、私の無い学習能力や偏差値から振り絞って更新をしたいですし、自分自身も心構えとしてこういうことは書いたけど、反論も含めいろんな意見が返ってくるかもしれないなという気持ちの覚悟は持って記事を上げています。
不協和音っていう言葉があるくらいなので、全てを賛同してもらえるとは思っていませんし、それはそうなのか、それはそうじゃないだろう、こいつ間違ってるなまでいろんな考えをもってもらうだけで、少しでも皆さんに貢献できるのではないかとは思ってます。


まぁ、こんなもんでしょう。無職なりにはやっています。