ニート向上委員会(仮)

このブログは、むしょくレーシング(株)の提供でお送り致します。

11/17の気になる馬

先週の京都競馬は落馬もありましたが、幸プロも和田Jも無事に復帰してほしいですし、馬も無事に競馬場に戻って来れたらいいですかね。
あとは11月11日にちなんでなのか不明ですが外国人騎手の11勝です。

今週からはムーア騎手にビュイック騎手が加入と、野球なら誰もが4番を打てる人を揃えていますよね。

例えば読売ジャイアンツ
自分たちの球団にも阿部とか4番を打てる人がいるのに、それでも他球団から李承燁、小笠原道大アレックス・ラミレス村田修一などを移籍させて競走をさせていく。
だから、坂本くらいしか自球団では若手が育たずレギュラーになれない存在に。だから今は若手の育成中心の球団になっているのではないかなと。


現状、日本の競馬界もそうなっているのではないのかと私は思います。急に1番から9番まで4番打者を揃えている現状になっているのではと。
だからこそ外国人騎手の騎乗を見て、日本の若手騎手色々とも学んでほしいと思います。
技術も大事ですが、1番なのは意識が大切ではと。
エリザベス女王杯のコメントにもありましたが、
「3着馬を前に入れたあの場面、勝つためには引かずに突っ張って欲しかったですね」
と自然に体が下がってしまう。不用意に直線で漬物石みたく外に行ってしまう中堅やベテラン。そういった長年染みついたものでなかなか改善しないですよ。そういう意識を身に着けずに行ければ良いのではないと。

和田騎手と幸プロは乗鞍が多いですし、戦線離脱による補充なら、若手にもチャンスがあるでしょう。
そこでどう乗っていくのかがアピールポイントなのでは無いかと。関東のレースみたく道中ダラダラしているのではなく、とにかく意識。


まぁそんなこんなで今週も粛々と頑張れたら良いですかね。



東京8 秋陽ジャンプステークス
4シークレットパス
前走は1.9秒離したんだし、OPでも良い感じで臨めるのでは。

東京11 東スポ杯2歳
4アガラス
前走はコメントで休み明けで太いとあったけど、あの馬場で前半1000mを60.6で逃げ、その上ナイママの目標にされてしぶとく粘って2着なので内容は濃かったと思う。

東京最終12
◎11オールザゴー
○9キラーコンテンツ
オールザゴーは前走も本命で上がり最速のそれ4をやられましたね。使われて良くなっているし、浜中→ムーアにスイッチされたのでね。
キラーコンテンツの前走は枠と展開に泣かされたパターン。

京都11R アンドロメダS
◎11ショウナンバッハ
距離は足りないと思いますが、川田Jならしっかり追えるし、逃げ役が58秒くらいでレースを作ってくれるのなら勝ちまで希望は持てると思います。


まぁ、こんなもんでしょう。無職なりにはやってます。