ニート向上委員会(仮)

基本的には穴目からの予想を書いています。

9/23の気になる馬

競馬で負けたとき、何故負けたんだと深々と考えます。
負けた理由は色々あるだろうし、最終的には選択なさり買った本人がおかしいと思い眼科や脳外へ外来診療で行った方がよい。俺が悪い、俺の責任と栗山監督みたいに言ってしまう。そしてぼくの場合はもっと考えすぎてじんおわ(人生終わっている)なので死にたいと思うのです。
f:id:ntj777:20180920002944p:plain


別に競馬を見て馬券で買っている側からしたら1着になる馬だけを執着して買わなくてもいいんです。そのために複勝やワイドや枠連なりあるでしょ。
逆に携わっている側は誰もが1着が欲しい。
そのレースで勝てなかったりミスなどしたら、もしそれが最後のレースだったら1番後悔が残るでしょ。


次の反省を生かした騎乗が北九州記念のアレスバローズ菱田裕二ですよ。過去のはここに書かなくてもわかると思いますが。
だけども本番は乗り替わりになったりとか、他では池添Jが乗っていたサラキアがモレイラJへ先約を破棄されてまで強奪していきましたからね。
これが近代競馬のロマンの形?馬鹿野郎と。別に馬や空いていたモレイラJに何も罪はない。
だって頼む側が平気で先約破棄したんだよ?そこまでしてもっと上手い騎手に頼むのが当然なんですかね。
そもそもが騎手の権力が弱すぎて話になりませんわ。口で契約をしたのか不明ですが口契約も契約の1つなので破棄なりされたのなら訴えることも出来ます。そろそろ色々とね、変えていかないとダメだと思うの。

若手騎手が好ましくないのに馬券を買っている人や特に一口会員をされている人とかは、「勝つ」だけしか脳ミソが無くて若手騎手を起用するとクラブのHP載っただけでもは~~~???となる人もいるし、もうすこし寛容になることは出来ないんですかね。
大手クラブは、若手騎手だし経験が無い下手クソだから乗鞍をあげない。それでいて依頼されたら会員がブチ切れるってそらそうよの末路でしょ。だって乗せてないんだもん。弱い馬しか背中を知らないだもん。乗せて貰えないから経験が無いんだもん。
だから昨年の年末に中山であったヤングジョッキーズシリーズだって馬主と生産者の欄を見ればあのざまでしょ。大方が個人馬主。
人生なんて生きていれば信用してくれない大人が多いのだから、尚更減量なりある若いうちは積極果敢に地方巡業、それか坂井Jみたいによその国へ出ろと。

まぁ別にこれ以上書いたら長くなりますし強制的に終わりますが、最後はよそはよそでうちはうち(当社比)なんだよね。
あとはどうでも好きにやってくれ程度なんですけど。


先週のセントライト記念はジェネラーレウーノが勝ちました。
田辺Jは中山2200m重賞全コンプリートですか。明らかに得意条件。
馬は中山のコーナーワークが上手いんだよね。減速無しのトップスピードでコーナーを曲がれる。
菊に出るならアイトーンなどの邪魔役次第、そんなに深々と作戦を考えることは無さそう。
あとは枠と輸送でどうか。そして多分他が助手マークの競馬をするに違いないのでそれに翻弄されない惑わされないこと。
余裕ある馬体に見えたので確実に上積みはある。無き社長の為にも最後の1つ、取れたらいいですね。


また話は変りますが、菊花賞のようなレースをマラソンレースと言ったりする人がいますが、運動科学的にはマラソンではないようですね。
有酸素運動無酸素運動といった運動エネルギーの供給で比べると、競馬の3000mは陸上1500mと大体イコールになるらしいですよ。


レイエンダは外枠でよく頑張れたと思う。ミスプロ系が苦手なレースでもありましたからね。
バテた馬を捌きつつルメールJが馬の能力を100%出したレースだった。
次走はチャレンジC、アルゼンチンなんちゃらの重賞だったらJBCの裏なんでしゃーないですね。
思った事は皆さんが高性能で高価格な一眼レフを使っているので見えましたが、今回前脚に謎補正をしていたこと。
エクイロックスではない、1歳馬が脚に塗り塗りして撮影する用のペンキみたいなの。
f:id:ntj777:20180919235520p:plain
Media Tweets by 藤沢和厩舎DATA (@K_FujisawaData) | Twitter


グレイルは出遅れて後方からになっているが、エクイロックスから脚元も良くなり折り合いも大丈夫。
菊に出るなら最後の直線は半分近くがバテているので詰る心配はありません。今回みたいな競馬になるなら多少は考える必要がある。
オウケンムーンにも同じ事が言えるかも知れません。かなり雑に外を回していましたがw


9月に入ってからの重賞成績はNF天栄が4勝、完全にけぇばは外厩です。
それなのにまだ美浦一部のステーブルに対しの管理栄養士などと言って理解されていない方々はそれはもうそのままでいいんじゃないすかね。社台系と一括りにしますが、それ以外のステーブルも外厩から10日競馬をしているところは多くあります。
それが現代の競馬。どこぞのプレミアムギフトのステーブルみたいに数ヶ月も置きっ放しにするなどといったのは、もう古い考えなのかもしれません。


土曜日のけぇばの感想
そろそろ穴で2.3着じゃなくてもよかろうと思っていたときに山田くんが穴を開けて勝ちましたね。
最後の直線入ったところでちょっとささっていましたが、頑張って逃げ馬を捕らえたのは良いと思います。
少ない乗鞍でも頑張って馬券内に持ってきて回収値を上げている。ぼくみたいな穴党はそこを狙わねばいけませんな。
なんとなく中山は瞬発系なレースが多い雰囲気。勝った騎手は山田くんを除けばみなリーディング上位ばかりでした。
あと田村厩舎の凄い新入りさん、強かったですね(笑)
阪神はダートは高速馬場、1400なら外枠も来ますが、1周だと枠が外へ行けば行くほどキツめ。
穴は内枠の減量騎手。


中山1
12シゲルエメラルド
前走は残り400まではギリギリ耐えていたが、4Cでは劣勢になり最後は追うのを止めていた。
今回は最終追い切りにも乗っており継続騎乗なので。

中山2
10トーセンアトランタ
前走は逃げていたテルモドーサが内ラチに突っ込んでそこから急に1列目になったので格好の餌食ですよね。
競馬っていうのは道中で急なアクシデントが起きると急にペースが上がって厳しい展開になりますからね。(例:オルフェの阪神大賞典)
キンジトーは喉の手術明け(by山口ステーブルさん公式twi)らしいですがちょっと買います。

中山4
6ヤマイチダンディ 新鹿
馬場が悪い時はケイムホームですよ。

中山6
16ジョリルミエール
母はダートでお金になっており、産駒もダートでお金になる馬も多い。
鞍上も減量騎手の山田くんだし積極的に競馬して欲しい。ダート替わり初戦から。

中山11 オールカマー

◎11エアアンセム
○7レイデオロ
△3ガンコ、8ゴールドアクター、6ショウナンバッハ、2ダンビュライト、10ブラックバゴ

レイデオロは買いたくない馬ですが
「1人気×ルメールJと藤沢和雄ちゃんのズッ友コンビ×外厩がNF天栄」
と先週同様なので買わなければなりません。
ちなみに買いたくない理由は、近年のダービー馬特有の天井が見えかかってくるor見えてきた時期だから。しかもホープフルも勝っているので尚更近づきます。あとは立ち写真を見ると、昨年度の神戸新聞杯時より馬体にまだハリが無さそうに見えるところでしょうかね。

もっと買いたくないのがアルアイン
中間は香港で最終追い切りをイヤイヤしたので、札幌から戻ってからはCWではなくプールと坂路のみ。
コメントにも出ているじゃないですか。

「久々でも格好はつけてくれそう」(U社)、「8分程度には仕上がっていると思う、久々でも格好は付けられるのでは。久々にしてはマズマズの状態に持ってこれた」(B社)

しかも机Jは中山芝の成績が昨年と今年の計9レースのみ騎乗して、馬券絡みは昨年の京成杯のガンサリュートの2着だけ。
京都記念はスローペースだったが最後の直線で川田Jが左ムチを入れているのに残り150mくらいから左にヨレていましたからね。
なのでパス。

本命はエアアンセム
鞍上は中山2200m重賞全コンプ、前走は藤岡佑騎手の好プレー。エプソムC後にそれなりに感覚を掴んだ的なポジティブ要素のあるコメントをブックで見たので尚更ですよね。
ネックは初距離。前走がロスの無い競馬だけにちょっと心配。

あとは最近地味に流行している障害での調整をしているガンコ。休み明けだが前走は距離が長すぎたし、使い詰めでそもそもお釣りがあったのかも不明なんでノーカンでいいでしょ。
ゴールドアクターは春は不調だったがファンタストクラブで調整して戻してきた。春先のような明らかに重ったるい調教には見えなかったし来るなら得意の中山で、しかも休み明け初戦だろう。あとはパドックで。
ショウナンバッハは前走より斤量が増えて、あとはほぼ変らん状況。マイネル2頭はもう脚を溜めて粘る性能がないのに、後ろの組に一応そろそろ追いかけないとダメやなと思わせる逃げ役。前走みたいな特殊な差し追い込み有利の馬場になってくれるのか不明ですが、緩みのないレース展開になればいいと思うの。
ダンビュライトは前走の振り返りを調教助手TVでも言っていたように取りたかった位置を取れませんでしたからね。4C付近でごちゃっとしたのに残り300くらいから伸びてきたし勿体ない内容。
調教もここがメイチかのような坂路で自己ベストを更新。AJCCを勝っているので2200mも当然OK。
ブラックバゴはNF空港からのNF天栄で調整をしたらしいですね。一応先週もワンツーフィニッシュだったのでNF天栄組は入れなきゃいけない。中山金杯はもう直線が長ければ差せたであろう内容。夏競馬を早々に撤退して秋へ向けて調整してきたのも良いでしょう。

中山最終12
16スフバータル
D千二の外枠。腰が甘めでスタートが一息になるのが予想されるが、前走は小回りの浦和で途中から動き出して勝ち馬に0.1まで迫った。
藤田菜さんにビシバシ追って貰い、あとは坂で止まらなければ...


阪神4
11ラディウス
2走続けて上がり最速。前走は勝ち馬が先日の阪神JSで3着、3着馬のピエナクルーズは土曜日の清秋JSで2着とOPに行っても初戦から頑張れている。平地力は上位でしょうし広いコースに替るのは良いでしょう。

阪神8
3オースミハナチャン
超絶高望みのしすぎですが、高倉とかいう重りから解放されて減量騎手で少しか前進はありませんかね。
休み明け初戦だからこそ狙える。

阪神11 神戸新聞杯
◎2エタリオウ
○8エポカドーロ
△3ワグネリアン、9アドマイヤアルバ、5タイムフライヤー、1ゴーフォザサミット

エタリオウはホモ道ステーブル得意の2400です。じゃあ何故ワグネリアンは下げたんですか?
代打の藤岡康太騎手。札幌が終わったら一気に成績がダウンしていますね。
9月に入って芝は3番人気以内が11頭いるのに3着以内がたった2頭だけ。しかも今年の阪神芝は38戦で未勝利。
17年4月16日難波Sの893ルドルフ以来勝ちはないですね。1番人気だった場合は15年度からだと3-1-3-2-0-着外2頭/計11頭なんでまずまずでは。

ちなみに戸崎Jはまだ信用が出来ます。
15年度から調べてみると、1人気で騎乗だと5-2-1-0-2ー着外は2頭/計12頭と6分の1(多分合っているはず)の確率で掲示板には持ってきます。

それでエタリオウに話を戻すとボウマンJが将来のある馬とコメントをしているのですよね。
あとは外を回さず馬群を捌いてきたところ。NGT記念を勝ったブラストワンピースにも先着しており、青葉賞を勝ったゴーフォザにも先着がありますからね。なにより久々の内枠なんでそこも期待したいですね。
先週勝ったGリビエールレーシング×NF天栄のタッグなんでそれも兼ねてですかね。

エポカドーロは吉澤さんWEST帰りだと1-2-1-0とまだ馬券外から外れておらず、なんなんあの調教はwwwとなったダービー時も吉澤さんを使っていました。あとはよそのブログさんでも色々語っているでしょうしそれでご参考にしてくださいやと。
ちなみに岡田Jが最終追い切りに乗ったときはまだ回収値は高いんですかね。

ワグネリアンは最低限の折り合いに専念した競馬でもするんじゃないですかね。
そういえばホモ道せんせの2400mの成績はこちら。
f:id:ntj777:20180923013805p:plain
1番人気なら勝率は48.4%なのに先週飛ばした藤岡こ(ここで口を塞がれる)

アドマイヤアルバ、タイムフライヤー、ゴーフォザサミットに関してはこのレースが得意な厩舎だったりとか、追い込んできそうだとかそういったのをまとめてこの辺りに入れていますね。

阪神最終12
16タガノジーニアス
外枠、前走以上の追い切り。上手く先行勢を見ながら競馬出来るのはいいですね。ただそろそろ外厩へと行って良い時期でしょうしお釣りがあるかは微妙。
アスターソードとか距離を1400に戻してハイペースの消耗戦になったら来ませんかね。
メイショウヤクシマも追い込みが決まる条件になれば面白いと思います。


まぁ、こんなもんでしょう。無職なりにはやってます。