ニート向上委員会(仮)

このブログは、むしょくレーシング(株)の提供でお送り致します。

9/17の気になる馬

平成の終わりは物事が目紛るしいほど進みますね。

日曜日の両メインの本命は他力本願な馬を本命にしていたので仕方ないですね。
サトノワルキューレ秋華賞だとロンスパじゃないと厳しいと思うし、エリ女でと思うけど鞍上はチェンジ濃厚。ならデムーロ乗せて過激に攻めるなら菊へ行くのも悪く無さそう。


そういえば岩手競馬で何度目の禁止薬物が見つかりましたね。
headlines.yahoo.co.jp

何頭か御世話になっている馬がいるので再発防止をして欲しいですが、先月の抜き打ちチェックでは全厩舎異常なしだったのに何故今回見つかったのかは故意に誰かが無作為にしているのではないかと考えてしまいますよね。それか単に調教師が悪いのか知りませんが。
別にレースに出さないで治療などで筋肉増量剤など与えるのは悪くないはずなんですがその辺はわかりません。


海外に目を移すとクリンチャーは最下位。
高速ラップでスピードの持続力と瞬発力がないといけない状態。でもクリンチャーはそんな馬ではありません。
フォア賞の成績が凱旋門へ直接繋がるレースではないですし、当日はもっと泥んこ馬場にならないとクリンチャーには厳しい。
普通にマエコーのおじはんがんばえー程度に応援をしたいですね。
一方でディープ産駒のサクソンウォリアーは屈腱の損傷で残念ながら引退。
アイリッシュダービーエクリプスSの連闘や使い詰めが最後は響いた感じですかね。
こういった有力馬が故障などで引退をする度に思い出すのが帝王的場さんが言ってた
「まだまだ ね、どんどん良い馬が出てくるから」
https://www.youtube.com/watch?v=j1GUDnftdYI
要約しましたが以上の言葉。いつ聞いてもぼくは響きますよ。
ぼくは人生の残り時間が多くないと常日頃思っていますし発言もしていますが、本当に人生経験を多く積んだ人の発言は違うなと思います。


中山ダート千二は上がり最速が爆裂している傾向。持続性ですかね。血統的には欧州チック。
阪神の芝はディープ>ハービン>以下なにかしらのディープ産駒向きな馬場。
ダートは父がアメリカ系、ストームバードやエーピーインディがあると良さげ。半周の外枠は良い。


中山4
1シークレットパス
石神召還、経験多いですしこの産駒なんでね。

中山6
ノヴェリスト2頭の単複
日曜の傾向に近い。

中山10 浦安特別
1ノーモアゲーム
ミスパイロと悩んだ。ノリCが2週連続で調教で騎乗、先週の時計が良い。
ネックは次走後はずっと在厩調整な事だろう。

中山11
◎1ギベオン
○15レイエンダ
▲5コズミックフォース
△4ジェネ、13ダブル、14オウケン

ギベオンはマイルっぽく見えなかった前走は2着。距離も問わずレースが器用なので1番手ですかね。
叩き台のイメージがある厩舎だが、鞍上が乗りに出向いており、緩さも解消されたのはいいでしょう。

レイエンダは揃えれる物は揃えましたといった印象。
「1人気×ルメールJと藤沢和雄ちゃんのズッ友コンビ×外厩がNF天栄」
これだけで簡単に馬券が取れてしまう魔法なんですよね。
ネックはキンカメなどのミスプロ系がこのレースで勝ててない事。そして大外枠。
前走の松前特別はそれ程仕上げてないようにパドックで映ったが、初の古馬と戦って開催最終日でパワーが必要な馬場状態でありながら直線も短い函館なのにノーステッキ、函館記念よりも0.5秒タイムが速いのは相当強い。
もう一度書きますけど函館記念を勝ったエアアンセムやローズS3着のラテュロスやマイスタイルなどよりも時計はあるんですよ。

コズミックフォースはダービーで新潟記念馬に先着、皐月賞馬とも差の無い内容、関西遠征をしても5着以内は100%、関東圏ならお金には100%なっていますからね。尚更の強みです。

ジェネとオウケンはダービー大敗組より、前者は逃げの頭数も増えるし、後者はNF天栄に調整を変えている。
ダブルは2200mの成績が1.2.1.2と全部で連対、しかも非根幹のマンカフェ。


阪神3
5ユーデモニクス
1000mだと追い込み不発、ラストチャンスを掴むなら直線が伸びたコースが良さげ。

阪神5 新鹿
6レッドルゼル
調教をレーシングビュアーで見たときにこれは相当なもんだとピンと来る物があった。
クリソベリルと動きはどっちがいいか、ぼくなら圧倒的にレッドの方ですね。
鞍上がへぐらなければ勝ち負け。


まぁ、こんなもんでしょう。無職なりにはやっています。