ニート向上委員会(仮)

基本的には穴目からの予想を書いています。

天皇賞春を考える

ロシア国内にもやっと夏らしい兆しが見えてきたようです。

マイラーズCはサングレーザー、フローラSはサトノワルキューレとどちらも追い込み馬が勝った。
サングレーザーは次走安田記念でどこまで差してこれるか。スワーヴリチャードやレッドファルクスらと背比べになるだろう。
エアスピネルは今回そこまで中間攻めていないし、明らかに試走会的な感じだと思う。本番では1年前の再放映は避けたいところだ。

サトノ悪ちゃん、中間の内容がそれほどだったのでこれオークス勝てるのでは。もう1回輸送になるけど下手に体重が減らなければオークスではお金になる馬ですよ。雨でもそこまで心配しなくて良いと思います。馬体は牡馬っぽく見える。
セガサミー、今年は牝馬がビンゴっぽいですね。


さてマラソンレースである天皇賞春が行われるが今回の芝コース、草丈が野芝約6から8センチメートル、洋芝約14から18センチメートルとJRAのサイトに記載されているようにいつもよりか草丈が長いような気がするのは気のせいですかね?
まぁ対して関係はないのかな。

G1週恒例(?)となった各馬の分析と馬体の評価とか個人的見解で書いていく。
長距離戦といえばトラック調教っていう考えはもう古いのかな。
混戦模様とあって予想が難しいが...


1番ミッキーロケット
前走京都記念7着の後はNFしらがきにて調整。今年の成績はちょっとみっともない。
馬体を見ると京都記念よりも毛艶は良化している。
三千m超のレースは菊花賞以来だが、本来は中距離馬だと思うわね。
鞍上が和田さんに戻るのは大変いいだろう。インにべったりはりついてどこまでやれるか。
みっとも成績が続いているからないこそ腹くくれる気もするが。

2番チェスナットコート
エージェント問題で大舞台での騎乗が激減している蛯名J。
過去にはマンハッタンカフェで制覇、フェノーメノで連覇などあり、このレースの複勝率は46.7%もある。
f:id:ntj777:20180426233428p:plain
ちなみに菊花賞を入れた成績は6-3-5-18で勝率18.7連対28.1複勝43.8となっており、円換算すると単211円複144円。

同馬は重賞初挑戦の日経賞で僅差の2着。4歳と思うと若々しい競馬であったと思う。
この馬も矢作厩舎らしくガンコ同様に使い詰めの馬。但し前走後に引き続き宇治田原優駿Sでの調整をしている。
前走を見た限りだと当日は右前エクイロックスが考えられますね。良馬場で出来るのは何より。

3番シホウ
昨年の阪神2400mのグリーンSをレコードで勝ったが今回はその時の中身が出来ているのか疑問。
久々に鞍上が浜中Jに戻ることしか...
そもそも父がSS系以外の種牡馬は11年以降[0-2-1-43]と勝ちはない。

4番カレンミロティック
ここがラストラン。近走成績はさっぱりだが、過去の春天では3着2着とあと1歩の所まできている。
f:id:ntj777:20180424005238p:plain

過去の春天時もNFしがらきで調整をしており今回も該当。
ラストランへ向けて前走以上に毛艶はよく見える。本当に10歳かね。
G1の変に穴をあける池添さん。リピーターレースであることも然る事乍ら大駆けがあってもおかしくなさそう。
二度あることは三度あるって言葉もあるからね。

5番ヤマカツライデン
丹頂Sで池添Jとの逃げ切りが1番現地で見ていたから印象が深い馬。まぁカフジプリンス菱田のどん詰まりも記憶に残っているけどね。
カフジプリンスは何処へいったんやろか。
まぁ昨年同様の逃げ役だが小倉大賞典の時の方が休み明けっていうのもあるけど調教は良いし、長距離では昨年同様...
夏の函館or札幌でまた見たい馬ですね。

6ガンコ
愛宕特別で即切っていた馬がここまで来るとは驚き。
ちなみにあの馬は何も情報が出ていませんが平安Sなどへは向かわないのでしばらくはお休みです。

話は戻すが、ガンコは昨年から今年にかけて1番上昇度あった馬なんじゃないかな。
前走の日経賞は3人気1着。
f:id:ntj777:20180424011018p:plain
馬体面では黒光りしているように毛艶はよく見える。腰は甘めかな。
今回は在厩調整。10月から毎度使われており、それに初の斤量58㌔に加え最近好調ではあるがG1での藤岡アッ二さん。
そろそろ化けの皮が剥がれるかもとは思っている。

7ピンポン
4月29日、天皇賞当日は世界卓球2018開幕です。テレ東系にて放送するので皆さん是非応援して下さいね。
これじゃだめ?

8クリンチャー
前走みたいな3角からよーいスタートがそこまで得意ではない馬。
f:id:ntj777:20180426000750p:plain
馬体を見ると昨年よりも腰がパンとしていて成長を感じる。前走よりもまたシャープになって見えますね。

皆が思う最大の問題はテン乗りの三浦J。過去に有馬記念で急な乗り替わりでエイシンフラッシュに乗り見せ場を作って4着とかありましたね。
京都の生涯成績ですが、1人気の方が回収は当然ながら良くなるのでそれを祈るしかないような希ガス...
f:id:ntj777:20180425233004p:plain
京都の芝ではこれまで74回騎乗して[1-2-3-68]、某フェブラリーSテイエムなんちゃらの鞍上とイメージが被るな。
心許ない数字と言わざる得ない。
あと三浦Jの2800m以上の全成績。
f:id:ntj777:20180426000100p:plain
過去16件、4番人気内なら複勝圏内は絶対。単勝オッズが10倍以下なら1-1-1-1、10倍以上なら12頭お金はなし。
高速馬場なら去年の皐月賞4着もありますし、前走のようなよーいどんでもこの馬はスタミナがあるので大丈夫だと思う。
助手よりも三浦Jで掛った時、どうなるのかがこのレース最大の見物ではないだろうか。 

9ソールインパク
窪田康志オーナーのもう1頭の方。
f:id:ntj777:20180427014219p:plain
父ディープは11年度以降2頭がお金になり11頭は圏外なんだよね。
斤量が53.54の時だと重賞で複勝圏内に来ているが、定量となると荷が重そう。

10サトノクロニクル
アルアインとファインニードルを蹴ってまでこちらを御選択した川田J。
先日ちょっと安定感を欠いていたが、まぁそんな事もあるでしょう、スポーツなら。
f:id:ntj777:20180427014315p:plain
馬体を見ると銭型が浮いており体調面はよく見える。がしかし2000mくらいの馬に見える。
そもそも池江厩舎と春天の成績は[0-1-2-9]と勝ちはなく悉く人気を吸っているとしか思えない。
あと池江師は当日どちらにいるのでしょうかね?

11シュヴァルグラン
前走は負けすぎ。だって2015/08/30以来の芝2000mだもんね。
流石に度外視でも良いと思う、けど今回は軽視の方針で行きたいと思う。
f:id:ntj777:20180429071905p:plain

馬体を見ると使って体は引き締まって見えますよ。
リピーターレースかもしれないが、馬番9~18番に入った前走4着以下馬は過去10年[0-0-0-43]というとんでもないデータがあるらしいが果たして。

12レインボーライン
前走は1着も最後の直線の左ムチ連打で罰金取られていたはず。
去年の秋天、JC等を見たがやはり左ムチを打つとやっぱ寄れてしまうのかなと。

f:id:ntj777:20180427014455p:plain

最終追いは単走で軽く流した程度、前走後はずっと坂路でしか追っておらずちょっと疑問。
外目の枠が故に外を回さず内を突いてきそうな雰囲気が十分にある。前回の春天の位置では大変厳しい。

13トウシンモンステラ
長距離戦を意識してCWで最終は追いきったが流石に。

14アルバート
堀厩舎はかつてジャガーメイルでこのレースを勝っていましたね。
掘厩舎×ルメールのコンビって昨年の12/17以来。久々な文字列。重賞だと昨年の京王杯キャンベルジュニア以来。
f:id:ntj777:20180424002315p:plain
両コンビの全成績で見ると複勝率は51%と半分を超えている。
重賞だけで回収を見てみると勝率7.1%、連対率21.4%、複勝率は42.9%でありG1勝ちは無かった。
馬と騎手のコンビで見ると4.6着とアバウト掲示板くらい。あっても3着くらいが妥当かしら。
f:id:ntj777:20180424003737p:plain

NFでの外厩を挟まずに在厩での調整。馬体を見ると前走よりも今回の方が引き締まって見える。
叩いた上積みもあり、あっても3着と思いたいが人気が無くなったルッメさんには多少の警戒が必要なのかな。

ところで掘厩舎の馬はいつ見ても馬の造りが全体的に似てくる。理由はなんなんだろうね。

15トーセンバジル
前年度の春天でレース後下馬してませんでしたっけ?確かね。
f:id:ntj777:20180429072232p:plain
ただこの距離の馬ではないですよね。馬体を見ると筋肉量が豊富な馬。毛艶はピカピカで背中に銭型も浮かんでいて好調具合が見て取れます。
サトノと島川で悩むなら個人的には島川を薦めたいですね。

デムーロJと藤原厩舎の複勝率は半分を超え、芝の勝率を見ると30.9%とかなりのハイアベレージである。
f:id:ntj777:20180429010914p:plain
重賞だけのデータ。芝重賞で見ると複勝率は52.9%あり連対だと35.3%とこちらも高い成績。
f:id:ntj777:20180429012106p:plain
割とガチで来ているので叩き2走目の上積みはあると思いたい。

16スマートレイアー
初コースではあるが、器用な馬。折り合いに関しても大丈夫だろう。
でも流石に牝馬は牡馬よりも機能が低いのでそこがね...

17トミケンスラーヴァ
枠がきっついですねぇ。ヤマカツの後2列目を取ってきそうだが流石に...


このレースの本命はアルバートからにしました。

あとはAIR競馬に印見解等々てご覧下さい!


以下本日の気になる馬
京都2
5ケイココサージュ
鞍上が藤岡康太くんから岩田さんへのスイッチ。
出遅れの心配はあるが最後の直線に坂はないので何も考えずに外回せば前走みたいな上がりが使えると思います。
和田さんと岩崎くんは買っても良いと思いますよ。

京都12
7トウケイワラウカド
前走同様に上がりを使えたらいいですね。混戦模様だし1波乱ありそうで恐いですが。
相手には川田、四位、幸プロゴルファーを入れようと思います。


まぁ、こんなもんでしょう。無職なりには頑張っています。