ニート向上委員会(仮)

このブログは、むしょくレーシング(株)の提供でお送り致します。

4/27の気になる馬


日本語が書けていなかったら申し訳ない、今日も深夜にホワイトホースからハイボールを作ってしまった。
バーボンよりもスコッチが好きなのかも。

みんな、聞いていないよ...
f:id:ntj777:20190421193151p:plain


府中TとかやDも、開幕週や2週目なんかはまだ瞬発系の脚になったりDも意外と前が有利な競馬が続きましたが、例えば中山Tとかって小回りだから意外と速い上がりって要求されないのだけど東京は33秒34秒の高速上がりが必要になってくるので求めている適性を間違ってはいけないはず。同様にダートも中山Dは時計が早く決着することも多くて、前にいればいいや~で選んでいた人も多いかならず少なからずいるはず。でも開幕週は前にいたほうが良かったのかも知れないがこれからってなったときに対応出来るのかと、府中は直線が長いので中山D12とかでタダ逃げて前に残っているから、タイムがいいから府中に変わってもOKとかは危険でしょう。
あとは中山D12の連続使用→今回府中Dは要注意で。
まぁこんなことを書いても当てれないのが競馬ですし、答えが見つからない競技の1つでもあるのですが。

NGT(今流行のアイドルグループ案件ではないよ)の芝ダートは重とかのスタート。
特にダートは小回りだから余計にわかわかめ。
故に馬場とパドックを見ながらやってみないと分からないそうなので今日は府中2100mに専念をして。


東京3
府中D21は後ろ脚が長い馬を選択すればいい。
13タマノカイザーは前脚短めで後ろ脚が普通の馬だがポジショニングが取れる。前走落馬の後遺症が見られないといいけどね。
6シントーキングは前脚後脚共に長い馬で、先週の未勝利戦はペイシャラトゥールがそんな感じの馬でしたが2着にきていた。使われている馬よりも上積みはあるだろう。
10タイセイシャトルは大トビ故にこのコースは向くと思うけど捲って良いとは思えないので要検討。

東京10
13デザートスネーク
5走前の鋸山特別はアンタレスSを勝ったアナザートゥルースと0.0差、4走前晩秋Sの勝ち馬ホーリーブレイズは昇級戦のOPポルックスSで2着。晩秋Sの2着馬と金蹄Sの勝ち馬はサトノティターンマーチSを勝っている。3走前の立志Sはヤングジョッキーシリーズ週も重なってか前崩れの展開で2走前の舞鶴Sの勝ち馬タイキフェルヴールに先着。
3走買い続けているのでそろそろ勝ちが欲しい。
ちなみに、前脚後脚共に長い馬。

対抗が4シロニイ
1年前でもあり8走前の春光Sなんて現OPでベテルギウスSを勝ったロードアルペジオに0.2秒先着5着。
4走前の2着馬ジョーダンキングは現在OPクラス。3走前の立志Sは前述の通りヤングジョッキーシリーズもあってかその日は前がかりのレースが多くあった。3-3-5-12っていう途中で何かあったのか疑うレベルの通過順位なので度外視。前走の梅田Sはニガテな10週以上の休み明け。
中2週だと[2-1-1-3/計7回]で意味分からない立志Sの10着を除けば全て掲示板内。
ブリンカーも良いと思うの。この馬は前脚普通の後脚が長い馬。


まぁ、こんなもんでしょう。無職なりにはやってます。

4/20土曜の気になる馬

色々と厳しいのでtwiはおやすみに、気が向いたら出直します。
もう少しゆっくりとやっていきます。
自分と向き合う時間がもっと増えないとダメだと分かったんですよね、twiで多くの意見を見たり述べたりしてもいいんです。でも必要なことは、自分と向き合うことが足りないということだと分かったのでこうなりました。
馬券 いや私生活と同じですよね、自分の買った馬券を調査していくこと。
私生活だって自己分析が必要になってくるじゃないですか。
馬券で勝っている人ってそれが出来ているのだと思います。
だからトラックマンとかって「当てて的中できてそれが普通(cv:ブックの高倉さん)」とおっしゃっていたので本当によく分析なさっているのだなと個人的に思います。だから自分自身の分析すら出来ていない人に馬の分析なんて無理ですよねと。
それで、このブログをどう今まで見ていただいた方々に伝えていくのかと考えたときにやはりソーシャルメディアというものは必要になってくる。
別に前から書いているようにsnsが疲れたからって消す事は無いと思いますが1つの物事に集中したかったので。
鍵垢や公共の場で文句言われているのだろうと思っていますが、それでしか言えない書けない囲えないのはとても恥ずかしい事。
鍵垢でやって悪口や嫌みは盛り上がるのかも知れないが、何か1つの趣味(ex:野球とかサッカーとかアイドル)といったものは盛り上がるのか?
何とは言いませんが、公式のTwitter
「ツイートは鍵垢でしなさい」「Twitterで自身の所属は明かさないこと」
といった案件が競馬村だけでは無くそれ以外にも多く広まっただろう。
ほんっと、あの村社会は古いしきたりだよね。現代と大きく後れを取っているよ
あたし的に、競馬界って割と騎手とか厩務員さんといった関係者や牧場スタッフさんって「○○で働きます」って呟くのはよく見ますし予想されている方々も○○っていう企業名で働いているのだなと分かるようなことをしてるじゃないですか。自分達の生活に例えると「○○学校入学した」とか呟いたり、ソーシャルメディアのプロフィールになんとなく学校名を書いている人も多からずいると思います。
別に自分の仕事先をソーシャルメディアに晒す晒さないは自由。でもあそこまでする必要はあったのか?
Twitterの意味って「鳥のさえずり」が由来なんですよね、だから名前次第では匿名になるしもしかすると個人と分かる事だって出来る。
あたしはね、公式Twitterのせいで未来が失うことになったのならそれはとても悲しいことだと思うの。
なんの為の公式Twitterなのか、少なくとも某所の中の担当者は考えるべきだっただろう。
ちなみにだが、地方の職員は公務員ではないのでそこ間違えるなよ。
暴力団だとかクソみたいな記事を書いているのもあったが、流石にふざけすぎ。


過去走歴の延長では未来は見えてこないことがある。馬が変わったというポイントを押さえておかないと間違うことになる。
www.youtube.com
(この馬は先日のダービー卿CTを勝った馬ですよ。)


マイラーズCの追い切りを見ていたのですが、ダノンプレミアムの追い切りに馬運車を待つシャケトラが映る悲しい場面がありました。ダノンプレミアムは気にせずに追い切りを消化していてなんだこの馬はとなりました。
感情的には複雑なのだけど、今を生きている馬たちを少しでも応援してあげるのが我々のすべきことなのであると思う。

あとは最近不調なMデムーロ騎手、関西にこだわる必要はないと思います。
エージェントを変えても結局は机Jのセカンドドライバーなのだからいっそのこと関東の有望エージェントでも雇って1ヶ月でも留学でもすれば良いと思うの。
だって関東の中堅ベテランって「内田、勝春、ヨシトミ、蛯名、ノリ」とか。各方々色々な考え方もありますしそれが普段の乗鞍ですとか馬の集まり方もありますよね。中堅で稼いでいる「柴山、吉田隼」はローカル専門へシフト。
田辺Jや戸崎Jでしっくり来ず三浦Jや野中Jや武藤Jに依頼が多くなっているのがここ数週間の雰囲気(ふいんき じゃなくて ふんいきね)。
北村宏Jが現在怪我で数ヶ月以上待つことを考えると、3場開催の今こそ尚更チャンスのはずですが。

色々考えたけども、金鯱賞週のブックさんの週報でデムーロJの元エージェントが「出会いと別れの時期」について触れていたのでもしかするとそれが意味深だったのかもしれない。


土曜は京都芝の長さどんなセッティングなのかを確かめること。去年は長かった。
東京芝も暮れから2月のような事を引きずっていないか。

東京4
6マキ
5ドンヒューズ

ヘニーヒューズ産駒は内枠だと逃げるかじゃないと。特徴は馬群を捌けない性格がある。
マキの2走前は3.4.9(8着馬は地方交流でですが)と4頭は勝ち上がり。府中ダートって一時期エンパイアメーカーの時期ありませんでしたっけ?
まだその言葉が残せているのなら。
ドンヒューズも2前の勝ち馬は3歳500万で勝っているしそれの0.2秒と考えれば強いと思うが。
馬連馬単両面、3連単1.2着固定でも。


京都1
12ルプレジー
1.5.7.16

リープリングスター戦は新馬戦にしては上位4頭が好時計。勝ち馬はその後3歳500万を勝ち上がっている。
モレーラJ特有のコーナーで加速しながら直線に向かう競馬も4Cで膨らんでしまったのは痛手だった。
4頭以外からも6着馬は勝ち上がり、7.11着馬は馬券内に、10着馬は中央で馬券内になり馬主の関係で地方に移籍することになったが地方3歳重賞を勝ち上がるなどしている。
前々走は岩田Jrのデビュー初戦で前半3Fが早くなり後半3Fが掛るレースに。それでも4着ですし一呼吸置いた今そして平坦ならもっとやれる。
岩田父→岩田Jrで1勝できるならその逆もありだろう。

京都10
3アドマイヤキズナ
いくら骨折だろうが長欠明けのNF各位は買い。
過去にはロードヴァンドールやステイインシアトルなどタイム差無しなどある。


福島3
2スマートフルーレ
12モーンストルム

スマートフルーレの前走は4C前から手前が逆で勝ち馬と接触したのにお咎め無しだったレース。
それでも3着以下に大差をつけたので普通に回ってくれば。
モーンストルムは小回りD17に適性が高そう。今までマークや逃げから先行に脚質を変えてきたが馬がイヤイヤしたりとか、止まることを考えるのなら喉とかですかね、考えすぎは用心も。
あとは前述の通り、2着馬である。

福島牝馬S
5デンコウアンジュ
9ミッシングリンク
10ダノングレース
ワイドbox


まぁ、こんなもんでしょう。無職なりにはやってます。

4/13土曜の気になる馬

簡易版で、終いの5鞍に。

中山10
f:id:ntj777:20190413141016p:plain
◎単複、◎ワイドで流して

中山11 GJ
f:id:ntj777:20190413143218p:plain
オジュウから3単ですかね。
若い方々と消耗度で考えてみました。

福島11
f:id:ntj777:20190413141416p:plain
小さい馬より500㌔とある馬、別に逃げなくてもいいのです。
◎単複とワイドbox

阪神10
f:id:ntj777:20190413142750p:plain
諦めないで追いかける事。
◎単、◎からのワイド

阪神12
f:id:ntj777:20190413141937p:plain
◎○でワイドと3複2点


まぁ、こんなもんでしょう。無職なりにはやってます。

伝わらないもどかしさが イヤね

おはようございます!
都内のキャバの値段を見ていたら、やっぱり物価が違えばそうなりますよねとすすきのと比較してしまう。

大阪杯は雨上がりの荒れた馬場、思い出せば3/3大阪城Sの時から雨上がりの馬場ってこうですよと、いや昨年末の阪神開催くらいから傾向が見えていたのだと思う。
デムーロJはよく馬場が~のレース後コメントが多いと思うし、それ以外の感想がまずいものなのかと思う。
まぁ某コラムの中身も薄っぺらいので仕方ないのかも知れないが。

アルアインのしている競馬は宝塚記念のミッキーロケットの再放映と言っても良い、それくらい枠順馬番ゲーだったんだなと、いや改めて競馬ってシンプルだなと。B社のメモにも「内枠を生かし最高の立ち回り」と両レース書いている。宮記念だって枠順が関わってくるレースでしたが今回もそうだったし書きました。だけどもね...
ペルシアンナイト、ステルヴィオ、サングレーザーを買っていた理由は持続力が問われるラップになるのではないかと考えたから。でも実際は違った。戸崎Jがゆるーいペースで逃げて、川田Jは番手でレースをしている。仮に時計が掛る馬場でも無視してどちらかが飛ばせば持続向きになったの"かも”しれないが、川田Jは秋華賞秋天ジャパンカップルメールJに追いかけまわされ続けたのだし、目の上のたんこぶがいないのなら自分を殺す競馬をする必要は無かった、むしろ気性面が改善されて日経賞ルメールJが離した手綱を今ではぐっと我慢されて矯正されている点から番手で落ち着いて競馬が出来たのだろう。
当然ながら某番組のタイムランクもEとそうですよねと。


話を切り替えて桜花賞に。
どれくらい芝刈りをしてくるのか不明だが高速馬場になることは少ないと考える。
ただ、ルメールJや特にデムーロJなどが馬場が緩いとコメントもあり答えは土曜日曜にならないと不明だろう。


枠番馬番がまたしてものレース、13年以降の馬番別成績
1~5番[0-1-1-26](複勝率7.1%)←昨年1枠1番1人気のラッキーライラックは2着、15年8人気コンテッサトゥーレ3着
6~14番[5-5-5-39](複勝率27.8%)
15~18番[1-0-0-23](複勝率4.2%)←昨年の7枠13番ああもんどあい
内すぎず外枠すぎない程度が宜しい。


1着勝ち馬だけでデータに。
改修工事を終えた2007年から、過去12年の成績を見ると前走阪神or京都の馬でないと勝てていない。
f:id:ntj777:20190404220232p:plain
さらに、上がりに関しては前走1位の馬が5頭勝ち上がってる。前走までの上がり1位がほとんどの馬なんですよね。

f:id:ntj777:20190404220715p:plain
前走の上がり3位だった3頭は牡相手混合重賞でに1.2着がある馬。
ダイワスカーレットは中京2歳S1着にシンザン記念2着、ジェンティルドンナシンザン記念1着、レーヌミノルは小倉2歳S1着と京王杯2歳S2着

前走上がり4位だったのが08年レジネッタだけ。
京都500万T16で上がり33.7秒の1着→阪神JF6着→エルフィンS3着上がり3位→チューリップ賞3着上がり4位→桜花賞1着
ちょっとこの年は荒れすぎだけどね。

前走の上がり6位~に含んでいる3頭の共通点は府中マイルで上がり33秒を使っている点。
アパパネ赤松賞1着上がり33.6秒、アユサンはアルテミスS2着上がり33.5秒、レッツゴードンキはアルテミスS2着上がり33.6秒。

(ちなみに府中マイルだけで上がり33秒該当:1番シェーングランツのアルテミスS33.8秒、4クロノジェネシスのクイーンC33.1秒、5ルガールカルムのベゴニア賞33.6秒、8グランアレグリア新馬33.5秒、9アクアミラビリス新馬33.2秒、14ビーチサンバのクイーンC32.9秒、15ダノンファンタジー新馬33.7秒)

f:id:ntj777:20190404222032p:plain
前走4着までがココを勝てるチャンスがあり、あとは皆さんが決めるオッズ次第。


次からは勝ち馬だけではなく全体に目を移そう。
ルメールJは過去4回乗って3回が馬券内1回はメジャーエンブレム4着のみ。あとはアンカツさんが数勝しているくらいで...
騎手や調教師成績が関西>関東所属になるのは先週と一緒。

分類 着別度数 勝率 連対率 複勝
美浦 1-4-1-63/ 69 1.4% 7.2% 8.7%
栗東 10-8-10-112/140 7.1% 12.9% 20.0%
外国 1-0-1-2/4   25.0% 25.0% 50.0% ←過去にCデムーロJ1着など。

美浦 3-2-5-70/ 80 3.8% 6.3% 12.5% ←18年関東馬の勝利は13年アユサン以来。
栗東 9-10-7-106/132 6.8% 14.4% 19.7%


前走馬体重で見ると、420~439㌔までの勝利が08年レジネッタであとは15年シンハライト2着17年リスグラシュー2着、ちなみに昨年ならマウレア5着。それ以下の馬体重は切っても良いと思うが。
f:id:ntj777:20190405000041p:plain

あとキャリアは多くなりすぎるとよくないです。
f:id:ntj777:20190405001308p:plain


肝心な話題ね
ダノンファンタジーが1人気ですが危険馬と言っている理由。
1つめ。
f:id:ntj777:20190405003954p:plain
桜花賞の1人気は3-3-1-5/計12回で連対率50%で複勝率58.3%あるが、前走良馬場で上がり3F1位なら[2-2-0-1/計5回]で着外1回は 距離を短縮して使ったルージュバック9着のみであとはマイルからっていうかチューリップ賞組ですか。

前走良馬場で上がり1位でない場合、[0-0-1-4/計5回]と17年ソウルスターリングの[単勝1.4]3着が最高。
前走良馬場のチューリップ賞1着で15番ダノンファンタジーの上がり3Fは3位。
一応前走良馬場の朝日杯FS3着の8番グランアレグリアも1人気候補ですが、前走の上がり3Fは8位と載っている。
f:id:ntj777:20190405010228p:plain
2人気の成績も載せておきますが、大体が枠が外目...

2つめ
12月の2歳G1を勝った父ディープ産駒は翌年に不信に陥ることが多いと結果を分析するコーナーで放映していた。
ジョワドヴィーヴル | 競走馬データ - netkeiba.com
ショウナンアデラ | 競走馬データ - netkeiba.com
ダノンプラチナ | 競走馬データ - netkeiba.com
サトノアレス | 競走馬データ - netkeiba.com
ダノンプレミアム | 競走馬データ - netkeiba.com
ダノンファンタジー | 競走馬データ - netkeiba.com

加えるなら
ハートレー | 競走馬データ - netkeiba.com
シャイニングレイ | 競走馬データ - netkeiba.com
アダムスピーク | 競走馬データ - netkeiba.com
ダノンバラード | 競走馬データ - netkeiba.com

次走成績
f:id:ntj777:20190405012438p:plain
f:id:ntj777:20190405012515p:plain

ダノンプレミアムだって脚元の良化で時間が掛ったのだし、父ディープで12月重賞を勝った馬の翌年春は悲惨なことに...のデータを残しておきます。
以上2点がダノンファンタジーの危険な理由でした。



まとめです。
大前提に前走4着までの馬を狙う事、府中マイルの特に重賞で上がり33秒の馬。
1人気は上がり3Fが1位なら買えるよ!でも上がり3Fが1位じゃないのは疑え。
データ分析:桜花賞 今週の注目レース JRA
JRAのサイトの最後3つは昨年も見た気もしますが、流石にそのまま使うはまずいのでそちらを見て下さいなと。

今日のブログは内容スカスカ。申し訳ない。

つかったもの:たーげっとふぉーじぇえう゛い


〈レースが終わってからの追記でありますが〉
チューリップ賞上がり最速馬で桜花賞に出走したパターンで過去10年の成績は[3-2-0-3]
前走クイーンカップ組の成績は過去10年[0-2-0-15]

3/30土曜日の気になる馬

先週の週プレにカラーで載ってた志田友美さんと齊藤京子さんが可愛いと思っていたら週の後半なったの。
降級があった去年よりも降級が無くなる今年の500万下ってメンバーが手薄になるのではと思いました。

先週までがAコース。3/23の6RルメールJのコメントに柔らかい馬場と。
今週からBコースですが、平日は月曜に芝刈りをしてあとは雨が降らないので散水のみ。芝の丈が長く傾向的には変わらないのかも知れない。
土曜15時くらいからの雨で馬場が年末の阪神開催みたいになるのかですね、多分なりそうですが。



高松宮記念。この週になるとJRAは毎年馬場の芝刈りを行っているが、仮に15番のモズスーパーフレアが勝つなら今まで以上にスタートが早くてまるでリコーシルエットのようなスタート能力がかなり高い馬が芝でも出てきたんだなとなりますよね。
アイビスサマーダッシュだとレコード出せるのじゃ?とか。
リコーシルエットが分からなければ以下動画を見れば良いかと。これでもまだ出足が付いてない方。フラットライナーズよりも早いんだよ。
船橋競馬場 動画・映像 2016年07月20日 11R :楽天競馬


スタートが早いにしても、そうなるとよっぽどインチート馬場が出来ていたんだなと思いますし、13番ダノンスマッシュが仮にデーターを抜きにして勝つなら、枠も外からでしたが相当な神騎乗であったと思いますし加えて日本では1番のスプリンターと言えて次は香港でと期待が高まったのでしょう。

ていうか、去年のスプリンターズSといい今回の宮記念も内枠が恵まれましたね。
それで次の主なスプリント路線となると、マイルが持つ馬はマイラーズCから安田記念、京王杯でお休みの馬もいるでしょうし、夏に備えて開幕週で超絶内枠の逃げが有利で追い込みがどん詰まりする函館SSや高速馬場になりそうなCBC賞ワールドオールスタージョッキーズ週×馬場が荒れて内がまだ使えたり完全にダメだったりするも斤量の軽い3歳馬が恵まれるキーンランドC北九州記念アイビスに9月だとセントウルから10月の大一番スプリンターズSですか。
大体、夏を使い続けてスプリンターズSに出ると緊張感がない横写真になっているのですが、期間的に微妙だしなんとかなんねーのか?とか思いますけどね。
JRAの番組に関してはそもそもね、何がダービーからダービーへだよ馬鹿野郎と。毎年12.1.2.3月を見てみ。お前らJRA新馬の数を増やして馬主さんなどに余計なお金を与えたくないのかも知れないけども、他の500万や1000万とかの新馬後~メインまでのスカスカ具合見てみ。
こればかりは仕方ないような気もしますが。


レースを勝ったのは3番ミスターメロディ。
過去の宮記念の傾向とデータを見ていましたが、枠も良かったですし当然ながら馬場も向いてくれました。
馬体の写真を見て思った事は、前走も買っていたけどもビッグアーサーみたいだなと。血統は違うかも知れないがシルエットに近い物を感じるしこれで古馬になって勝てない方がおかしいでしょと思っていたのであたしとしては見る目が間違って無くて良かったです。
種牡馬入りも近づきました。
http://www.obssales.com/aprcatalog/2017/1205.mp4


2着4番セイウンコウセイ。ブリンカーを外した時の最終追い切りがまるで阪神Cでラストランだったレッドファルクスみたいにギアが3速から6速へと変わる感じがあったのですが、買っていたのは単複とレッツゴードンキのワイドだけでしたので仕方ないといいますか、言い訳に過ぎなかった。
2年前を勝っている実績馬がこの近走成績だけでこのオッズに沈んでいましたが、去年は買っていたように馬体重だけで見れば十分に買うことの出来た馬。ただ、いくらG3くらいじゃないと逃げれないからって函館スプリントや今回のように恵まれてじゃないと形になっているのは次走は要注意ですね。
3着7番ショウナンアンセム
後方から内をロスなく立ち回りラチ沿いを追い込んで2着にも顔をのぞかせましたが、流石に買うのはしんどいです。
次走以降仕上げてくるかで。

4着13番ダノンスマッシュはデータで見ていて勝てないと分かっていたので特に述べることは無いです。
パワーがあれば直線の長い坂を超えた後でも惰性でなんとかなるのが中京なのかもしれない。
データ抜きにしても先ほども書いたように枠が痛かったし馬場も宮記念の週に芝刈りを毎年行うので自動的に外が不利な傾向がデータに残っている。机Jだから叩かれているのでしょうが、割と肝心な時にやらかしたり阪神JFの時みたいに外で壁を作っていたつもりだったのでしょうがパトロールビデオで見ると作れていなかったりとかしますしそういったのでしょうね。本人はOKでも実際にはどうなのかが肝心。

5着ティーハーフも46戦目ですが頑張りました。馬群を縫って来れるのは大きな強みでOPでは今後も足りてくる馬。いつもなら北海道のスプリント路線に足を運びますが、函館SSはイン有利で、キーンランドCは斤量の軽い3歳馬が4Cで前に出れちゃうなどといったバイアスが発生するので微妙ですが覚えておきたい1頭である。
6着レッツゴードンキの位置取りは痛かった、最後はインを通ってきていますが。梅田厩舎のG1を簡単に勝てない運(この馬で桜花賞を勝っていますが)も影響あるのか本当に競馬って難しい。
8着ロジクライは適距離で、流石に前走レッツゴードンキから0.3秒はルメールJでも埋らなかったことが分かったはず。次走マイルに戻したときは良いスタートダッシュをしているはずです。9着アレスバローズは道中不利もありましたが夏場が良い馬か。そいえば角田せんせ×ねぼすけ菱田Jのコンビもチラホラ見られる。もしかしたらコンビ復帰も無きにしも。

10着ラインスピリットはスプリンターズSの再放映を森一馬Jで。内枠を生かして、馬群が4Cで凝縮した中、外に持ち出して縦に長くなるのではなくてこういった内も空いているのだから使うのもいいのですよね。
12着ペイシャフェリシタなのかなぁ、障害に持っていったら勝てそうなフォルムだなと後でパドックの映像を眺めながら見ていました。
14着ナックビーナスはこの中では唯一坂路で乗られた形跡のない馬。というか昨年も乗っていませんでしたね。その要因は不明ですが、曲飛で腹がボテっとしており腰も甘過ぎるが故に馬体のインスタ映えはしませんが、もうダートは辞めた方がいいですしまた道内で見ることになるのかな?と思います。
15着モズスーパーフレアは中2週ですが調教時計を頑張りました。初の55㌔もありましたがいつものように1列目を奪えなかった点であれ?となりますよね。18着ラブカンプーもスタートは良かったのですが、やっぱり昨年度と比べてしまうと馬が違う。オーナー的にすぐ使う馬主さんとあたしは思っていますが、今は馬に走ることの楽しさを思い出させたりと牝馬だし年頃でまだ4歳のメンヘラってる女の子なんで時間は掛かるのは仕方ないのでゆるーくやっていけばいいのだと思います。9月のセントウルやオパールSや10月のNGT千直OPとか、暑い時期がいいならアイビス1本に絞るとかすれば良いのだと思います。


調教だけで見ると、栗東坂路で好時計を記録した馬が壊滅。1着馬は芝コースで2.3着馬は美Wが最終追い切り。いくらNFが眼中にないからって短距離馬を作る能力がひょっとすると他国に比べて無い時代になっているのかもしれない。逆に香港勢は何故そこまで短距離に特化しているのか。去勢以外の方法で学ぶべきポイントはあるのかもしれない。
そもそも坂路っていう調教システムが無い国も多い。それなのに日本馬よりも強い馬が出てくるのは何故か。そこを調べれたらなと今後の課題にしたいと思いますね。

マーチSはサトノティターン、気性面も若くて大型馬ですが全然苦にしない、掘厩舎も久々の重賞制覇でしたね。
アルドーレの騎手は2戦連続 よく分からないです。(CV:MデムーロJ)


土曜日の予想は皆さんと被っている事の方が多いと思いますが、次週に向けてもっともっと多くの馬を見る事に集中したいと思います。
中山Dはちょっと時計が掛る方針にシフト。

中山
3レース
15サンロアノーク
8ゴールドソックス

1~3Rまで同馬主で3頭も出しているが、ここの馬主の傾向としては1日に複数頭出してきた時は松岡Jが乗るとマシな馬主さんと分り易い。
1Rの馬は不明だが、少なくとも3Rに関しては西村→松岡とこの馬主らしい鞍上交代。
8ゴールドソックスは前走も書いたようにではあるが短縮2走目で慣れが見込めそう。

4レース
◎5ネオブレイブ
10ドンヒューズは府中D16かローカル1700っぽさが残る。
不調な田辺Jかもしれないがこの馬の前走が過去一番の内容、追い切りもこれまでに無い動きと前走以上。
贔屓目に今日は1が欲しい。

6レース
5ナランフレグ
新馬戦は2.3.4.6.7着馬が勝ち上がる高いレベル。オーヴァルエースに0.5や前走は距離を短縮してもタイミングナウに0.3と骨っぽい相手とOPで奮闘。今回は500万で右回りだが引き続き注目。

最終12レース
3ウォーターシャウト
時計が掛る想定なので。2走前は現1600万クラスのメイショウエイコウに勝っており、前走は膝骨折明け初戦でしかも雨が残る小倉で外からは難しいので2走目で。


阪神
7レース
15メラナイト
阪神D14は未勝利ラストチャンスで勝った舞台。右手前のままのようですが、追い切り時計は良さそう。

8レース
2エルゼロ
前走は拍車を外したのが裏目に、京都JSはマイネルプロンプトとクビ差だしやる気次第。



まぁ、こんなもんでしょう。無職なりにはやってます。